都心部の大病院の方が診療のレベルは高い。しかしこれは仕方ない事実である

残念ながら、地方と都市部の病院によって診療のレベルがは違ってくるかと思います。

やはり規模の大きな病院の方がいろいろな検査、治療において体制が整っています。

大きな病院は診療レベルが高いことが多い

一般的には大きな病院の方が、診療のレベルは全体的に高い傾向にある、かと思います。東京にある大学病院は、設備も人も潤沢に揃っていますし、それだけ高度な医療を行うことができます。

他の病院で手術ができないとされた患者、これ以上治療法がないとされた患者であっても、なにかしら望みある治療を受けることができるかもしれません。

一方でスタッフの数も最先端の医療機器も足りていない地方の小規模な病院では、そのような医療受けることが難しいでしょう

最先端の医療をもってすれば治療できるような病気、状態にあっても、諦められてしまう場合もあると思います。

実際にあった格差を目の当たりにした例

私が大学病院に勤務していたときには、いくつか驚くようなこともありました。

地方の病院では手術できないとされたがん患者であっても、大学病院の外科医の基準に当てはめると手術可能で、どんどんと手術されていく患者さんを何人も目にしてきました。

やはり設備や医師の揃っている大学病院の方が、より高度な医療ができるようです。

また他の病院ではあるがんと診断された患者さんが、実際は大学病院でよく調べてみるとがんではなかった、ということもありました。

さらに胃がんと診断されていた患者さんが、実は血液の病気で、これらの治療法が全く異なっていた、というようなこともあります。

検査の選択肢、結果の解釈などに関しては、より専門的な医師の集まっている都市部の総合病院の医師の方が有利ですね。

どうしても住んでいる場所で医療レベルに格差が出てしまう

日本全国どこにいても最先端の医療を受けるようにすることは、土台無理な話でしょう。

おそらく東京のど真ん中で心筋梗塞で倒れた場合、日本の田舎の遠く離れたところで心筋梗塞で倒れた場合には、生き延びる確率が2倍以上は違うと思います。

都心の方が設備の整った医療機関までの距離が近いはずです。そしてその医療機関の設備やスタッフは地方病院よりも充実しているでしょう。

一方で地方の離島で同じような症状で倒れた場合、設備の整った病院まで半日くらいかかるかもしれません。

ただし、このような医療格差はもうどうしようもないもので、現実的に考えて日本のどこにいても同じく等しい高度な医療が受けられるように、医療のインフラなどを整えるのは不可能です。

これからの課題

医療訴訟の案件などをみていると、地方病院の診断ミス、手術に関する死亡で裁判になっている訴訟例を散見します。

地方病院の先生方は限られた時間と医療資源の中で、最善を尽くして医療を行なっています。

このような地方病院での医療レベルに、スタッフも医療機器も豊富な都市部の大学病院の医療レベルを求めるのは現実的ではありません。

しかしニュースの記事などをみていると、裁判では大学病院の診療レベルを基準に審理が進んでいるようなのです。このような医療格差は仕方ない、という認識が許容されることを願うばかりです。

医療の高度化と専門分化がもたらしたもの。専門外の分野が分からない

2018.02.23

医療訴訟への対策はない。医師個人賠償責任保険に入ることが必須

2016.12.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。