4月から研修医になる医学生に贈る言葉。頑張らなくて良いよ

3月は医師国家試験の合格発表も終わり、4月からはいよいよ研修医、という医学生も多いかと思います。

私も研修医になる直前の3月は、期待と不安が2:8くらいで入り混じった状況でした。

そうなんです。不安のほうが大きかったですね。

ああ、これからは一生奴隷として生きていくんだ、とか、ああ、これからはサボりたくでもサボれないなぁ、なんて思っていました。

今になって思うと、あながち当時考えていたことは間違っていなかったと思うわけですが。。。

何年か医師として働いてきて、いろんな話を聞いてみて、研修医の先生方の働きぶりについて、思うことがあります。

研修医の労働における時代の変化

少し前までは、研修医というのはろくな給料ももらえず、勉強する身分であるがゆえに必死に働くと言うのが美しいものとされていました。

現在の病院内部で中堅〜ベテランとして頑張っている、40代以上の先生はおそらくそのような生活を送ってきたのだと思います。

飲み会等の席で、先輩の先生方の研修医時代の話を聞いていると、凄く大変だったんだろうなぁと言う感想が浮かびます。

いや、本当に自分たちの時代よりも大変だったと思います。

しかし時代は大きく変わってきました。

今や研修医といえども、労働時間の管理や精神的なストレスということに関しては、厳格に管理されなければなりません。

これは決して2010年代に生きる研修医が甘やかされているということではなくて、一般企業ではごくごく当たり前のことです。

一般企業では当然とされていることが、ようやく医療現場にも取り入れられてきた、というただそれだけなのです。

うつ病になる研修医は意外と多い

病院にいると話すことってあまりないですから、研修医の先生方の噂というのはよく耳にします。

社会人として働き始め、慣れないことに戸惑うことも多いですから、病院を休んでしまったりする先生もいます。

うつ病は心のカゼといわれるほどありふれた症状ですから、どの職場でもそうですが、心の病というのを完全になくすことは難しいものです。

一方で研修医を辞めてしまったりとか、自ら命を絶ってしまうというのは取り返しのつかないことですから、これは避けなければいけません。

30代医師が自殺、時間外173時間で労災認定 「医師も人間だ」と父母

2017.08.09

研修医=激務が当たり前とされていた時代には、そのような先生方も多かったのではないかと推測されます。

今や研修医であっても、立派な労働者なわけですから、自らを犠牲にしてまで働く必要はありません。

病院、患者さんのために盲目的に働く前に、自分の肉体的精神的な健康というのを第一に考えるべきです。

研修医時代に辛かったことをいくつか列挙する。色々辛いことがある

2017.12.22

あまりがんばらずに良く学べば良い

自らの健康を気遣ったうえで、病院にいるときには力いっぱい働けば良いのだと思います。

研修医というのは大抵の場合は病院の中では最下層であり色々と学ぶべき存在ですから、学ぶという姿勢は重要です。

しかし学ぶというのは上にも書いた通り、自らのプライベートや、健康を害してまで働くということではありません。

患者さんの治療をする、患者さんの命を救うということにおいては、どうしても多少の自己犠牲を払う必要はあるかもしれません。

しかし、自らの健康や命を害してまで行うものではありません。

考えようではありますが、自分一人が病院の勤務から退くことによって、治療を受けれない患者さんも出てくるはずです。

そのような極めて一般的なことを、ぜひとも大学病院では教えてもらいたいものです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。